モデルコース

随所でアルプスを眺められる県道36号線。まずは、アルプス展望広場でその美しさをじっくり感じよう。その後は大洞高原へ。雄大なアルプスの姿を見ながら、芝生広場でのんびりしたり飯縄山のトレッキングなど思い思いの時間がすごせます。お腹がすいたら地場産センターでおやき、そばをどうぞ。ロマン館では宿泊のほか、食事や日帰り入浴も可。プラネタリウムの後は実際の夜空を体験して。

おやき村とさんさん市場は、地元の人々や暮らしに出会える場所。山の上にあるおやき村では、囲炉裏や“ばあちゃんち”のようなお座敷があり、年季の入った!?スタッフが心あたたかく迎えてくれ、おやきやそばなどの郷土の味が楽しめます。また、さんさん市場では村内の畑で採れた新鮮な野菜や山菜、豆腐や醤油などの加工品を販売。地元のお母さんたちが食材の食べ方もアドバイスしてくれます。

探検気分で訪れたい、隠れた名所はココ。天然の洞窟にひっそりと18体の石仏がたたずむ「薬師洞窟」、全長13kmにおよぶ遊歩道がある「薬師沢石張水路工」。風にゆれる緑と水路のせせらぎが心も体も癒してくれます。体を動かした後は、村営のいで湯「小川の湯」で汗を流して。寄り道するならパワースポット「本州のへそ」もおすすめ。

「ふるさとらんど小川」で小川村の歴史に触れてからスタート。室町時代に「小川城」と呼ばれ、一帯を治めた大日方氏が築いたとされる古山城跡をたずね、その後はお寺巡り。「ねこ寺」の名でも知られ、恩返しをした猫の伝説が伝わる法蔵寺、信濃三十二番観音札所の西照寺、続いて三十三番のの結願所である高山寺、大日方氏ゆかりの明松寺。豊かな自然と融合したお寺の風景も見応えがあります。

小川村歩き方マップ